自己破産をすることによって全ての借金が免除されるというのが一般的な考えです。でも、実は自己破産にはステップがふたつあります。

 

それというのは破産と免責です。

 

特に免責が重要になります。

 

 

 

この免責が認められないと借金からは逃れられません。
破産宣告と免責というのは一体なんなのでしょう。

 

自己破産、これは破産と免責を合わせた呼び方になるのです。

 

債務が多くどうやっても返せないという人は、まず破産ですべての財産を精算しないといけません。自己破産とは持っている財産の全て売ってしまいその分を債権者に分配しこれ以上はどうしても支払うことが不可能であるといった状態にする必要があるのです。沿うやって処分するのが破産であり、存在する財産全てを返済にあてたからこそ、次の借入れの免責が認可されます。

 

最終的に、免責を受けられないという事は、借金はいつまでも残りつづけることになります。もしも過払い金請求をしていなかった場合には、消費者金融もカード会社もその通り現状維持しておくケースもあります。しかし、過払い金の見積もりをした上で債務を帳消ししてくれるという場合もあります。
このようなメリット、デメリットが存在するのですが、過払い金請求に関しては借主側が行動しないと基本的に返金されることはありません。
消費者金融やカード会社にしてみても以前のことを切り出されてお金を請求されるので、絶対に得をすることはありません。以下から、債務者が自己破産申たてをしてから免責が下り、借金の支払い義務なしになるまでの流れを説明します。
債務者は、自己破産の申したてを地方裁判所に行います。申たてをするには、申立書、住民票、戸籍謄本、債権者一覧表、財産目録、陳述書、同時廃止の上申書の用意が必要になります。

 

 

 

申たて以降約2か月以内で審尋期日が指定されます。
審尋当日は裁判所にて口頭で質問を受けることになります。

 

裁判所は、この内容と債権者からの意見聴取書を鑑みて相当かどうか判断し、当てはまれば「破産宣告」をします。
債務整理は時間をかけるものるものではないんです。

 

債務や返済のことで悩んでいる時間も、利息は発生していますし、どんどん金額が上がりつづけていきます。
心配になる気持ちはとてもよく理解できますが実際に行動を起こさなくてはいけません。今からでも法律事務所に相談を行いましょう。任意整理は専門家が直接債権者と話し合い現在の借金の減額、利息・遅延損害金の減額の交渉を行い過払い金が発生している様なら請求して借金に充てます。アディーレ法律事務所やアヴァンス法律事務所が最近メディアで宣伝しているためおききの方も多いと思いますが意外と多い過払い金の対象者が、過払い金を借金に補填して借金がなくなってさらに余分なお金が返ってくるという人も多数います。
債務整理の中でも選択することが多い方法が任意整理です。